HOME > 不正乱視になってしまった

不正乱視になってしまった

そもそも乱視とは眼球がゆがんでいることで起こる症状ですが、この乱視には、光が二箇所で焦点を結ぶ「正乱視」と、どこにも焦点が結ばれない「不正乱視」とがあります。

まれにレーシックの手術を受けることで、この不正乱視になってしまうことがあります。

具体的にどのような症状かというと、手術時の照射ズレや上皮の再生の不均一性から角膜の表面に不規則な凸凹が生じ、近くも遠くもぼやけて見えるのです。しかも、正乱視と異なり、不正乱視では屈折異常に法則性がないためメガネでの矯正も難しいのです。

こうなってしまうと、残された道は乱視対応のハードコンタクトレンズでの矯正か、再手術、そして角膜移植となります。

不正乱視となる確率は低いですが、なってしまうと厄介です。そうならないためには、手術前の検査が非常に大事です。やはり検査は、時間がかかってもしっかりやってくれるクリニックで受けたいものです。

はじめに
ネット上の口コミが信じられない方へ
トラブルの事例
消費者センターに寄せられた事例
感染症にかかる
視力が回復しない
不正乱視になる
その他の悩みごと
ドライアイ
ハログレア
トラブル対策
「レーシック難民」とは
「レーシック難民」の典型的な症状
トラブルに合わないための病院選び
トラブルに合わないために
SBC新宿近視クリニック
神戸神奈川アイクリニック
井上眼科
南青山アイクリニック
錦糸眼科
銀座スポーツクリニック