HOME > ハログレア現象が出ている

ハログレア現象が出ている

術後ほとんどの人に現れる症状(合併症)として「ハログレア現象」があります。「ハログレア」とは、「ハロ」と「グレア」の2つの症状を指し、いずれも夜の光に対して感じる現象のことです。

「ハロ」は光がかすんで見え、光源の周りにモヤがかかったように見えます。一方「グレア」は光が普通より眩しく見えます。

この症状は個人差はあるものの、術後数週間でだいぶ落ち着き、3ヶ月~6ヶ月もすればほぼ解消されます。

しかし、「暗所瞳孔径」と呼ばれる、暗闇での瞳孔の大きさが大きい人は、ハログレアが強くでがちだと言われています。

ハログレア現象が出ないためにはどうすれば良いか。それは自分の眼の状態に合わせた手術をしてもらうという基本的な対策しかありません。つまり、技術力の高い、信頼できるクリニックを選定することでリスクを抑えるのです。

はじめに
ネット上の口コミが信じられない方へ
トラブルの事例
消費者センターに寄せられた事例
感染症にかかる
視力が回復しない
不正乱視になる
その他の悩みごと
ドライアイ
ハログレア
トラブル対策
「レーシック難民」とは
「レーシック難民」の典型的な症状
トラブルに合わないための病院選び
トラブルに合わないために
SBC新宿近視クリニック
神戸神奈川アイクリニック
井上眼科
南青山アイクリニック
錦糸眼科
銀座スポーツクリニック