HOME > 『レーシック難民』とは

『レーシック難民』とは

レーシックに関して調べると必ずと言っていいほど誰もが出会う言葉だと思われる『レーシック難民』。

レーシックの手術後に眼や体に問題が発生しているのに、適切な治療を受けられずそのままにせざるを得ない人々
の事を言います。

なぜ、問題が発生するかは他の頁で触れているのでこの頁では触れません。
大事なのは、なぜ適切な治療が受けられないのかということ。

お金がないから?
いいえ、違います。

理由は大きく2つあり、何が原因かわからないため治療のしようがないというケースが1つ。もう1つのケースとしては、病院側として、その症状を問題として認めないケースがあります。
多くの場合は両方とも当てはまるケースが多いでしょう。

患者さんは、治療してくれそうな病院を探し、転々としながら悩んでいる日々を送る。
その姿を"難民"と表現したのです。

はじめに
ネット上の口コミが信じられない方へ
トラブルの事例
消費者センターに寄せられた事例
感染症にかかる
視力が回復しない
不正乱視になる
その他の悩みごと
ドライアイ
ハログレア
トラブル対策
「レーシック難民」とは
「レーシック難民」の典型的な症状
トラブルに合わないための病院選び
トラブルに合わないために
SBC新宿近視クリニック
神戸神奈川アイクリニック
井上眼科
南青山アイクリニック
錦糸眼科
銀座スポーツクリニック